野菜のコラム記事

ブロッコリーのベストな保存方法を動画で紹介!冷蔵・冷凍別に解説

【動ブロッコリーのベストな保存方法を動画で紹介!冷蔵・冷凍別に解説
なかさん
なかさん
どうも、野菜ソムリエのなかさんです。今回はブロッコリーのおすすめの保存方法を紹介します!

栄養の豊富さで有名なブロッコリー 。

タンパク質を多く含むだけでなく、抗酸化作用のあるβカロテンや食物繊維も豊富に含んでいます。

今回は、そんなブロッコリーを一番ベストな保存方法を「冷凍・冷蔵」別で紹介します^^。

なかさん
なかさん
冷蔵・冷凍別の賞味期限やおすすめレシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

動画でブロッコリーの保存方法を確認する方はこちら

野菜townはYoutubeに参加しています。動画でブロッコリーの保存方法を確認する方はこちらからどうぞ!

ブロッコリーの冷蔵保存方法

生で冷蔵保存する方法

生で保存するとは「ブロッコリーに手を加えずそのまま」保存することです。

ブロッコリーは乾燥に弱いです。

そのため、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などで包んで、野菜室に保存をしてください。

濡らしたキッチンペーパーなどで包む

保存する時は「立てて」保存をします。

手元にある野菜は「生きています」。ブロッコリーに限らず畑にあった時と同じ状態で保存をすることで新鮮さが長持ちします。

これで3~4日保存可能です^^。

茹でて冷蔵保存する方法

ブロッコリーを茹でてから保存するメリットは、「そのまま食べられること」です。

なかさん
なかさん
小腹が減った時に「パクッ」食べられるのは便利ですよね^^。

まず、ブロッコリーをよく洗います。

花つぼみにホコリや虫が入っている可能性があるので、揺すり洗いをします。

ホコリを取るため、揺すり洗いをする
【野菜の洗い方】残留農薬や細菌を取り除く方法。身近なアレを使う?
【野菜の洗い方】残留農薬や細菌を取り除く方法。身近なアレを使う?「日本の野菜は安全。海外産の野菜は農薬がたくさん使われているからできるだけ避けるようにしている。」 そんな風に思っていませんか? こ...

ブロッコリーを小胞に切り分けます。

ブロッコリーを小さく切り分ける

続いて、水1Lに対して塩を大さじ1入れて、茹でていきます。

ブロッコリーを2分間茹でる

茹で時間は2分です。

あまり長く茹ですぎると水溶性の栄養素が溶け出てしまうので、長く茹で過ぎない方がおすすめです^^。

ブロッコリーの栄養や効果効能は?茹でちゃだめって本当!?
ブロッコリーの栄養や効果効能を調査!茹でちゃだめ?茎は食べられる? 栄養が多いことで有名なブロッコリー。 親から無理やり食べさせられてきた方も珍しくないかもしれません(汗)。 しかし、ブロッコリー...

最後に、キッチンペーパーなどで水分を拭き取って、ラップに包んで野菜室に冷蔵保存をしてくだい。

これで3~4日保存可能です。

ブロッコリーの冷凍保存方法

ブロッコリーの冷凍保存の方法を紹介します!

なかさん
なかさん
小胞に分けて冷蔵する方法と、ほとんど同じです。

まず、ブロッコリーの葉を取り除きます。

ブロッコリーの葉を取る

続いて、揺すり洗いをして小胞に切り分けてください。

花つぼみを綺麗にするため、揺すり洗いをする

小胞に切り分ける

大きな花つぼみは、小さく割きます。

茎の先端に切り込みを入れると、割きやすいですよ^^。

大きな花つぼみを小さく割く

また、茎は捨てないでください。

茎の外側にある「筋」を取り除くことで、美味しく食べれます。

茎は筋を取り除いて、細く切り分ける

続いて、茹でていきます。

水1L・塩大さじ1です。

茎・葉の順に茹でていきます。

花つぼみを入れて茹でる

冷凍保存する場合の茹で時間は1分です。

ブロッコリーに限らず、野菜は解凍した時に「ベシャッ」とした食感になってしまうんです・・。

そこで、少し硬めに茹で上げることで、解凍した時に美味しく食べることができるんです^^。

野菜は冷凍すると、解凍した時に水分が出て「べしゃっ」とした食感になります。注意してください。

1分経ったら、ザルにあげて粗熱を取ります。

粗熱が取れたら、キッチンペーパーで水分を取り除きます。

キッチンペーパーで拭き取る
なかさん
なかさん
水分が残っていると、冷凍した時にブロッコリーとブロッコリーが固まりやすいです。

最後に、ジップロックに入れてください。

ジップロックに入れたら、ブロッコリー同士が重ならないように平たく伸ばすと取り出しやすくておすすめです^^。

ブロッコリー同士がくっつかないように、平たく伸ばす

解凍方法は?

冷凍したブロッコリーの解凍方法は、2種類あります。

解凍方法

  • 自然解凍
  • レンジ加熱

自然解凍でおすすめなのは、「お弁当」に入れることです。

朝に凍ったブロッコリーをお弁当に詰めると、お昼にはちょうど解凍されています。

なかさん
なかさん
ウチは家族で出かける時、冷凍ブロッコリーにお世話になることが多いです^^。

レンジ加熱の場合「冷凍解凍モード」がおすすめです。

普通のレンジ加熱だと「ベシャっ」となりやすいのと、一部凍ったままだったりするので、できれば冷凍解凍モードがおすすめです。

ブロッコリーのおすすめレシピ

1.ブロッコリーと半熟卵のサラダ

一度茹でたブロッコリーならお皿に乗せただけで食べれます。

ただ、それだけだと味気ないですよね(汗)。

そこで、半熟卵を乗せることで、おかずにもなるサラダのレシピを紹介します!

 

詳しいレシピはこちら

2.豆腐と鶏ささみ・ブロッコリーサラダ

ブロッコリーにもタンパク質豊富で、さらに豆腐・鶏ささみにもタンパク質が豊富。

まさに、体づくりためのサラダです^^。

お子様をお持ちの方や、体つくりの最中の方におすすめのレシピです。

 

詳しいレシピはこちら

まとめ

ブロッコリーは冷蔵保存なら3~4日保存可能。

冷凍なら1ヶ月保存することができます。

ウチで一番使うのは、塩茹でして野菜室に冷蔵保存する方法です。

なかさん
なかさん
子供達がお腹空いたら冷蔵庫を空けて「パクパク」食べてます^^。

ブロッコリーは多くの栄養素が詰まった野菜なので「いつでも食べられる状態」というのは、とってもおすすめできる環境です。

この記事を参考に、ご自分の生活環境にあった保存方法を見つけていただけると嬉しいです!

ABOUT ME
アバター
なかさん
野菜ソムリエのなかさんと申します。野菜とコーヒーが大好きな2児の父です。野菜中心の生活で体調が一変したことから野菜にのめり込み、より生活を向上できる食生活を追求しています。 「野菜宅配サービス」「野菜の栄養を最高に吸収できるスロージューサー」「栄養管理が管理された食事宅配」「いつでも簡単に野菜が摂れる青汁」を利用すれば食生活を一変できますよ^^。