『奇跡の野菜?』ビーツの栄養や効果効能を紹介!血流改善がすごい

『奇跡の野菜?』ビーツの栄養や効果効能を紹介!血流改善がすごい 野菜のコラム記事
なかさん
どうも、野菜ソムリエのなかさんです。今回はビーツの栄養や効果効能を紹介します!

「食べる血液」「奇跡の野菜」「食べる輸血」など、様々な異名がついたビーツ。

日本では珍しい野菜ですが、ロシアではよく使われており、有名な料理「ボルシチ」に使われています。

ビーツには独特の赤味がありますが、この赤味はポリフェノールによるもので強い抗酸化作用があります。

また、ビーツには他の野菜にはほとんど見られない「一酸化窒素」を多く含んでおり、血流を向上させる効果があります。

なかさん
この「血流を改善する効果」が、飲む血液などと呼ばれる理由なんです^^。

この記事ではこんなことがわかります。

この記事でわかること
  • ビーツはどんな野菜?
  • ビーツの栄養素は?
  • 効果効能を紹介!
  • ビーツのおすすめの食べ方(アレンジレシピ)

ビーツのように独特な見た目をした食べ物は、強い効果があることが多いです。

ビーツもその一つで、ビーツでしか摂れない成分があります。

ぜひこの記事を参考に、ビーツを生活に取り入れていただければと思います!

ビーツはどんな野菜?

ビーツはどんな野菜?

「ビーツ」は店頭に並ぶ野菜ではないので、「ビーツ」と聞いてもピンと来ないかもしれません。

そこで、ビーツがどんな野菜なのか紹介しますね^^。

ビーツは「食べる輸血」「奇跡の野菜」と言われる赤い野菜。

見た目や食感はカブに似ていますが、実はほうれん草と同じヒユ科の野菜なんです。

なかさん
ほうれん草とビーツは全く似ていませんが、DNA的には同じ仲間に分類されます。

海外ではオランダやニュージーランドが主な産地で、日本では熊本・北海道・長野県が主な産地となっています。

ロシアので有名なスープの「ボルシチ」は赤いですよね?この赤味はビーツによるものです。

ちなみに、ボルシチとはこんな食べ物です。

ボルシチ
なかさん
すごく赤いですよね?これほどの赤味を出すことができるのが「ビーツ」なんです。

この赤味は「ベタシアニン」と「ベタキサンチン」いうポリフェノールで、非常に抗酸化力が強いのが特徴です。

なかさん
エイジングケアを目指す方にはぴったりの野菜です^^。

また、ビーツにはNO(一酸化窒素)により血行改善するなどの効果もあります。

血行が良くなることで栄養が身体中を回るようになるので、疲れの除去にも役立ちますよ!

ここからは、ビーツにどんな栄養が含まれているのか詳しく紹介します^^。

ビーツの栄養素を紹介!ミネラル群がすごい!

ビーツの栄養素を紹介!ミネラル群がすごい!

ビーツに含まれる主な栄養素を紹介します。

ビーツの主な栄養素(100gあたり)
  • カロリー・・41kcal
  • タンパク質・・1.6g
  • 脂質・・0.1g
  • 食物繊維・・2.7g
  • カリウム・・460mg
  • カルシウム・・12mg
  • マグネシウム・・18mg
  • 鉄・・0.4mg
  • β-カロテン・・0μg
  • ビタミンK・・0μg
  • ビタミンB1・・0.05mg
  • ビタミンB2・・0.05mg
  • ビタミンC・・5mg
  • 葉酸・・110μg

参考:文部科学省「食品成分データベース」

カロリーが低いのが嬉しいですね!

また、ビーツのビタミン類含有量は少ないです。一方、ミネラル群は非常に多く含まれています。

特にカリウムが豊富で、茹でたほうれん草と同じくらいの含有量があります。

なかさん
カリウムはむくみ改善やデトックス効果があります^^。

また、ビーツはNO(一酸化窒素)が含まれる野菜です。

このNO(一酸化窒素)が、ビーツならではの効果をもたらしてくれるんです!

NO(一酸化窒素)は、血管を拡張し、かつ柔らかくすることで血の流れを良くする効果があります。

血管が広がることで、血栓の予防により動脈硬化や心筋梗塞などの予防が期待できます。

なかさん
栄養素も血液を流れて体全体を回るため、トレーニングをする方にNO(一酸化窒素)は「ブースター」と呼ばれるほど人気があります。

ここからは、ビーツにどんな効果効能が期待できるのか、詳しく紹介します^^。

ビーツの効果効能3選!

1.血の巡りを良くし、強靭な肉体を作る!

血の巡りを良くし、強靭な肉体を作る!

ビーツの特徴と言えば「NO(一酸化窒素)を含んだ野菜」ということです。

NO(一酸化窒素)は血管を広げ、柔らかくすることで血液の流れを改善する効果があります。

酸素も栄養も免疫(リンパ等)も血液に乗って身体中を巡ります。

血液の流れが改善されることで、筋肉等が効率的に作られるのはもちろんのこと、疲れにくく、病気にも強い強靭な肉体ができるんです!

なかさん
ロシアの方は力強いイメージがあると思います。これは、ボルシチからビーツのNO(一酸化窒素)を摂ることで血管が拡張し、力強い体が出来上がっているのだと思います^^。

2.むくみ改善とデトックス

むくみ改善とデトックス

ビーツにはカリウムが多く含まれています。

カリウムには、体の過剰な水分を排出する効果があります。

日本人は味噌汁や漬物などからナトリウム(塩分)を多く摂りがちです。

体の塩分濃度が高いと、濃度を下げるために水分を体に溜め込みがちになるんです!

これがむくみ原因です。

むくみを改善するには、水分を排出するしかありません。そこで有効なのがカリウムということです。

また、水分が排出される際に毒素も一緒に排出されています。

そのため、カリウムを摂ることで毒素排出(デトックス)効果も期待できます!

3.強い抗酸化作用でエイジングケア!

強い抗酸化作用でエイジングケア!

ボルシチの赤い色味を作り出している「「ベタシアニン」と「ベタキサンチン」というポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

抗酸化とは、活性酸素による体の酸化を防ぐことです。

活性酸素は、食生活の悪化や大気汚染・ストレスなどから多く発生します。

本来は体にあるスーパーオキシドジスムターゼ(SOD酵素)が無毒化してくれます。

しかし現代の社会では、発生する活性酸素の量が多すぎて無毒化しきれません!

そこで、抗酸化作用のある食べ物を摂ることが大事なんです^^。

活性酸素は老化(シミ・シワ等)の原因になるだけではなく、体の内側(血管・内臓等)を錆びさせます。

その結果、様々な生活習慣病の原因になるので、抗酸化物質は積極的に摂っていきたいですね!

ビーツのおすすめの食べ方(アレンジレシピ)

ビーツのヴィシソワーズ
ビーツのピンクスープ

ビーツを食べる上で、ぜひ摂っていただきたい成分は「一酸化窒素」「カリウム」「ポリフェノール(ベタシアニン・ベタキサンチン)です。

この中のカリウムとポリフェノールは水溶性であることに注意してください。

水を使った調理ですと、成分が溶け出してしまいます。

そのため、一番いいのは「生食」です。

なかさん
生食であれば、熱を発生させない「コールドプレスジュース」が一番おすすめです。こちらにビーツを使ったコールドプレスジュースを紹介しているので参考にしてください^^。
【自宅で作るコールドプレスジュース】赤い野菜と果物で血流改善!

【自宅で作るコールドプレスジュースのレシピ】赤い野菜と果物で血流改善!

2018年11月14日

もし加熱調理する場合は、スープ等の「汁ごと飲む」料理がおすすめです^^。

ここからは、ビーツを使ったおすすめのスープレシピを2つ紹介しています。

ぜひ参考にしてください!

ビーツのおすすめレシピ
  1. ビーツのヴィシソワーズ
  2. ビーツのピンクスープ

1.ビーツのヴィシソワーズ

ビーツのヴィシソワーズ
使用食材
  • ビーツ・・約400g
  • じゃがいも・・1個
  • 白ネギ・・1本

<スープ>

  • 固形スープの素・・2個
  • 牛乳・・200ml
  • 水・・400ml
  • バター・・20g
  • 生クリーム・・100ml
  • 塩・・小さじ1
  • 黒胡椒・・少々
  • クラッカー・・4枚

まずは具材の準備から始めましょう!

じゃがいもは皮をむき、横半分に切って薄切り。水に放ちます。

白ネギは斜め薄切りです。

具材の準備が終わったら、鍋にバターを熱して白ネギとじゃがいもを加えて炒め合わせる。

その後、スープの材料を加え、火を弱めて10〜12分煮ます。

煮たらビーツを加え、塩・黒胡椒を加えて味を整えたらミキサーでかくはんして網を通す。最後に生クリームを加えたら完成です!

なかさん
ミキサーが必要なのが手間ですが、とろっとろで美味しいスープができますよ^^。

詳しいレシピはこちら

2.ビーツのピンクスープ

ビーツのピンクスープ
使用食材
  • ビーツ・・約400g
  • じゃがいも・・1個
  • 玉ねぎ・・1/2個
  • バター・・10g

<スープ>

  • 固形チキンスープの素・・1個
  • 水・・500ml
  • 牛乳・・200ml
  • 塩胡椒・・少々
  • 生クリーム・・大さじ2

まずは下準備です。

ビーツはざく切りにし、じゃがいもは皮をむき1cm角に切ります。

玉ねぎは薄切りしてください。

作り方は、まず鍋にバターを中火で熱し、玉ねぎ、じゃがいもをしんなりするまで炒めてください。

その後、スープの材料を加えて7~8分煮て、牛乳・ビーツを上絵て再び煮立ったら火を止めます。

最後にミキサーでかくはんし、網を通して鍋に戻し、塩胡椒で味を整えたら完成です^^。

なかさん
ビーツを使って料理をする場合、荒さを取るためにミキサーが必要になるのは覚えておいてください^^。

詳しいレシピはこちら

まとめ

ビーツの栄養や効果効能まとめ

ビーツはビタミンは少ないものの、ミネラル群が豊富なので体つくりに最適な食材です。

また、NO(一酸化窒素)や「ベタシアニン」と「ベタキサンチン」いうポリフェノールを含んでいるのが特徴。

これら成分により、血管が拡張し血液の流れが良くなる効果や、強い抗酸化作用が期待できます^^。

他にも、ビーツを食べることでこんな効果が期待できます。

ビーツの効果
  • 血流改善による、強靭な肉体
  • むくみ改善とデトックス
  • 抗酸化作用でエイジングケア

しかし、これらの効果をもたらす成分の多くは「水溶性」であることに注意が必要です。

水を使った調理では水の中に成分が溶け出してしまうので、「生食」が一番おすすめです。

▽生で食べるのにおすすめのコールドプレスジュースはこちら▽

【自宅で作るコールドプレスジュース】赤い野菜と果物で血流改善!

【自宅で作るコールドプレスジュースのレシピ】赤い野菜と果物で血流改善!

2018年11月14日

ビーツを調理するなら、汁ごと飲み干せるスープにするのがいいと思います^^。

ビーツに含まれるNO(一酸化窒素)は、ビーツでしか、ほとんど摂ることができません。

ぜひ定期的にビーツを食べて、他では摂れない栄養を補充していただけたらと思います^^。

ココアの栄養素や効果効能は?効果を高めるアレンジレシピも紹介!

ココアの栄養素や効果効能は?効果を高めるアレンジレシピも紹介!

2019年5月17日
ウーロン茶は脂肪吸収を抑えダイエット向き?栄養素や効果効能を紹介

ウーロン茶は脂肪吸収を抑えダイエット向き?栄養素や効果効能を紹介

2019年5月15日