お酢の健康効果・効能を調査!酢酸が歯を溶かす?

お酢の健康効果・効能を調査!酢酸が歯を溶かす? 野菜のコラム記事

体にいいとして知られるお酢。

昔は「体が柔らかくなる」という噂でお酢を飲んでいた方も多いですね^^。

なかさん
体の柔らかさとお酢の関係性は、未だ解明できていないんだそうです。

私は実家に帰る際に、デパ地下で販売されている「飲めるお酢」を買って実家に帰っていました。

今思うと「お酢は体にいいというイメージ」があって買っていただけで、具体的にお酢にどんな健康効果があるのかはわかっていませんでした(汗)。

たぶん、私のようにお酢にどんな健康効果があるのか知らない方も多いと思います。

そこで、この記事ではお酢の健康効果・効能について調べています^^。

この記事でわかること
  • お酢とは?作られかたの紹介
  • 健康効果や効能
  • お酢を飲む際の注意点
  • お酢の使い分けや違いについて
  • おすすめはリンゴ酢?
  • おすすめレシピ3選

お酢が苦手な方でも、今回紹介しているレシピはお酢の香りがほとんどしないものなので安心してください。

ぜひ、お酢を生活に取り入れていただけたらと思います^^。

お酢とは何?どうやって作られるの?

お酢とは何?どうやって作られるの?

お酢とは、様々な素材をアルコール発酵させた後、酢酸発酵させたものがお酢と言われる調味料です。

なかさん
お米などからお酒を作った後、そのお酒に酢酸菌を入れたものと思っていただければと思います。

使われる原料によって、お酢は大きく2の種類に分かれます。

お酢の種類
  • 穀物酢
  • 果実酢

穀物酢は米酢や黒酢、香醋のことを言います。

果実酢はリンゴ酢やぶどう酢(バルサミコ酢)です。。

なかさん
サプリメントで売られることが多い「黒酢」は穀物酢の一つです。

一般的にスーパーなどで売られているお酢は「穀物酢」が多いです。

使われる主原料により味わいは変わりますが、効果や効能は大きく変わりません。

お酢の効果や効能は?

お酢の効果や効能は?

お酢を摂ることで期待できる効果効能を紹介します^^。

お酢の効果効能
  • 内臓脂肪の現象
  • 二日酔いの軽減
  • エネルギーの効率的な変換
  • 血糖値の上昇の抑制
  • 疲労やストレスの回復
  • 便秘解消
  • 血圧抑制
  • 抗菌作用

お酢にはクエン酸やアミノ酸がたくさん含まれています。

このクエン酸やアミノ酸の効果により、疲労回復や内臓脂肪の減少によるダイエット効果が期待できます。

また、アミノ酸によるエネルギーの効率的な変換による体脂肪の減少などが期待できるんです。

お酢で注目したいのは「抗菌作用」

例えば、野菜には菌が付着していることが多いですが、お酢を水で希釈したスプレーをすることで、細菌を死滅させることができます。

【野菜の洗い方】残留農薬や細菌を取り除く方法。身近なアレを使う?

【野菜の洗い方】残留農薬や細菌を取り除く方法。身近なアレを使う?

2018年11月16日

お酢を水で希釈したスプレーは掃除にも使われます。

排水溝にお酢のスプレーを吹き替えるだけで、ヌメリを取ることができます。

そんな抗菌作用の強いお酢を体に取り入れるだけで、体の中の細菌を減少させることができるんです^^。

お酢を飲む際に注意してほしいこと

お酢を飲む際に注意してほしいこと

お酢には酢酸が含まれています。

この酢酸は非常に強力な酸です。歯を溶かしたり、胃を荒らすことがあります。

そのため、お酢をそのまま飲むのはおすすめできません。

お酢を飲む際はからなず水で希釈したり、他の調味料と混ぜてドレッシングにするなどしてください。

そのまま飲むと、胃が「ぐぐぐっ」と痛みを感じるかもしれません。

お酢をストレートで飲むのはやめましょう!

また、1日にお酢を飲むのは15ml程度がおすすめです。

お酢は小さじ1杯で5mlなので、小さじ3杯までとしてください。

お酢を飲んだ後はうがいするのがおすすめ

お酢を飲んだ後、口の中をそのままにしていると酢酸が歯を溶かしてしまいます。

お酢を飲んだ後、うがいをするだけで歯を綺麗に保つことができます。

なかさん
毎日ドリンクとしてお酢を取り入れている方は注意が必要ですね。
補足

歯を溶かしたりするのは飲んだ場合です。噛む場合には、唾液が酢酸を中和してくるので過剰な量でなければ心配いりません。

お酢は冷え性に効く?

お酢は冷え性に効く?

酢は血の巡りをよくする効果があり、冷え性改善に効果があるという記述を見かけます。

しかし一方、東洋医学では酢は「陰性」の調味料とされており、体を冷やすとされています。

人によっては体を温めるとされ、また別の方には体を冷やすと言う。

冷え性とお酢の関係に対して学術的なものはなく、冷え性改善を目的としてお酢を使用するのは避けたほうが良いと思います。

お酢の使い分けや違いについて

お酢の使い分けや違いについて

お酢の種類と特徴を簡単にまとめておきます。

好みに合わせて使い分けていただければと思います^^。

お酢の特徴と違い
  • 米酢・・お寿司に使われることの多いお酢。
  • 黒酢・・旨味成分が多く、お肉料理に合う。
  • リンゴ酢・・フルーティーで使いやすい。煮込むとりんごの香りが引き立つ。
  • バルサミコ酢・・ぶどうから作られたお酢。リンゴ酢とは違いぶどうの香りはしない。酸っぱさを強く感じる。
  • もろみ酢・・匂いが少なく取り入れやすい。炭酸水などに入れても飲みやすい。

お酢の中で最も生活に取り入れやすいのはリンゴ酢です。

少量を水に溶かした「リンゴ酢ドリンク」は非常に飲みやすいです。

また、お肉の煮込み料理に使用すると、りんごの風味がお肉の味を格段に引き上げてくれます。

お酢は量を多く使用しないので、たくさんの種類を集めてしまうと場所をとってしまいますよね?

「お酢はこの一本」と決めるなら、リンゴ酢がおすすめです^^。

補足

ポン酢とお酢は似てるようで違います。ポン酢は柑橘系の果汁とお酢を混ぜたものです。

ポン酢には糖分や添加物が入っているので、お酢の代わりにポン酢を使用するのはおすすめできません。

お酢を使ったおすすめ”簡単”レシピ

お酢の中でも、マイルドでフルーティな味わいのリンゴ酢を使用したレシピを紹介します

フレンチドレッシング
キャロットラペ
野菜スティック「豆乳マヨネーズ」
お酢の簡単レシピ
  • フレンチドレッシング
  • キャロットラペ
  • 野菜スティック「豆乳マヨネーズ」

1.フレンチドレッシング

フレンチドレッシング
使用食材
  • サラダ油・・100ml
  • リンゴ酢・・50ml
  • 塩・・小さじ1/2〜1
  • コショウ・・少々
  • 砂糖・・小さじ2
  • マスタード・・小さじ1

どんなサラダにかけてもぴったり合うドレッシングです。

まず、ボールにサラダ油以外を入れて泡立て器でよく混ぜます。

サラダ油を少し入れて混ぜて、またサラダ油を入れて混ぜて・・・を繰り返してください。

白濁ができてきたら出来上がりです。

なかさん
スーパーなどでドレッシングを購入するより自分で作った方が安いですし、素材の安心感もありますよ^^
補足

ドレッシングの容器に使用食材を全部入れてシェイクしてもできます。

詳しいレシピはこちら

2.キャロットラペ

キャロットラペ
使用食材
  • 人参・・50g
  • レーズン・・5g
  • リンゴ酢・・大さじ1
  • はちみつ・・大さじ1/2
  • オリーブオイル・・小さじ2
  • 塩・・少々
  • 粗挽コショウ・・少々
  • カッテージチーズ・・適量

まず、人参の皮を向いて千切りにする。

ボールに調味料を全部入れ、さらに人参・レーズンを入れて10分置く。

器に盛り、カッテージチーズをかけたら出来上がり。

なかさん
とっても簡単にリンゴ酢の風味が楽しめますよ^^。

詳しいレシピはこちら

3.野菜スティック「豆乳マヨネーズ」

野菜スティック「豆乳マヨネーズ」
使用食材
  • きゅうり・・1/2本
  • 人参・・1/2本
  • 大根・・5cm
  • 豆乳・・100ml
  • リンゴ酢・・小さじ2
  • オリーブオイル・・100ml
  • マスタード・・小さじ1
  • はちみつ・・小さじ2
  • 塩・・少々

きゅうり・大根・人参を拍子切りにして、スティック状にしておく。

次に、豆乳とオリーブオイルをミキサーやブレンダーなどでよく混ぜ合わせる。

そこに、マスタード・はちみつ・リンゴ酢・塩を加えて滑らかになったら出来上がり。

なかさん
マヨネーズを使わないのでヘルシー。野菜をたくさん食べられるドレッシングです。

詳しいレシピはこちら

お酢は内臓脂肪を減らし代謝をあげることで、ダイエット効果が期待できます。

しかし、歯を溶かすほど強力な酢酸を含んでいるので、1日15mlを限界量としてください。

また、ドリンクとして飲む場合は飲んだ後のうがいも忘れずにしてくださいね^^。

たくさん種類があるお酢ですが、「この一本」と決めるならリンゴ酢がおすすめです。

リンゴ酢はドリンクや煮物など幅広く使える上、フルーティで美味しいです。

今回紹介したレシピを参考にしながら、ぜひお酢を生活に取り入れていただけたらと思います!