ナスに栄養はないって本当?ナスニンにはすごい効果効能がある!

ナスに栄養はないって本当?ナスニンにはすごい効果効能がある! 野菜のコラム記事

ナスに栄養がないという話をよく聞きます。

なかさん
きゅうりと同じで、ナスはほとんど水分という噂・・・。

しかし本当にそうなのでしょうか?

そこで今回は、ナスにどんな栄養が含まれているのか調査しています。

調べると、ナスにはナスニンというとっても体に良い栄養素を含んでいることがわかりました。

なかさん
この記事ではナス特有の栄養素であるナスニンの正体にも迫っています。

この記事ではこんなことがわかります。

この記事でわかること
  • ナスはどんな栄養素が含んでいる?
  • ナスニンとは?
  • ナスニンの効果効能
  • ナスニンの効果を引き出す方法
  • 産地と旬は?
  • 美味しいナスの選び方と保存方法
  • おすすめレシピ3選

この記事を読めば、ナスの見方が変わるかもしれませんよ^^。

ナスにはどんな栄養素が含まれている?

ナスにはどんな栄養素が含まれているの?

ナスは栄養価が低いという話を聞きます。

ナスに栄養がないというのは本当?

といことで、ナスに含まれる栄養素について調べてみました^^。

ナスに含まれる特徴的な栄養素はこちらです。

ナスの主な栄養素
  • ナスニン
  • リン
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

上記の栄養素は他の野菜に比べて多いものの、目立って多く含んでいるわけではありません。

例えば、ナス100gあたりのカリウムの量は220mgですが、ほうれん草100gには690mgも入っています。

また、カルシウムはナス100gあたり18mgですが、モロヘイヤには100gあたり260mg入っています。

なかさん
他野菜より多く入っている栄養素はあるものの、際立って多いわけではないというのがナスの特徴ですね。

確かにナスの栄養素は少ないようです・・・。

しかし、ナスニンというナスにしかない栄養素を忘れてはいけません!

ナスニンとは?すごい効果効能を紹介!

ナスニンとは?すごい効果効能を紹介!

ナスにしか含まれない栄養素のナスニン。

ナスニンは、ナスの皮にある紫色の色素のことを言います。

ナスニンはポリフェノールの一種でアントシアニン系色素の一種です。

アントシアニンとはブルーベリーにも含まれており、目の機能改善や抗酸化作用があるんです。

なかさん
ブルーベリーを使ったサプリメントのCMをよく見かけますね^^。

ナスニンを摂ることで、どんな効果が期待できるのかを詳しく紹介していきます。

効果1.目の機能改善、目疲れの予防

目の機能改善

ナスニンには目の網膜にあるロドプシンの再結合に働きかけることで、目の機能改善に効果があるとされています。

私たちが物を見る時、光を脳で処理して見ています。

この光の脳処理が長時間続くと、脳の疲れで正常に処理できなくなります。

これが、午後になると目のピントが合いにくくなる理由です。

ナスニンのアントシアニンは、この光の脳処理を回復する力があるんです。

また、ナスニンには目の凝り固まった筋肉を和らげる効果が期待できる、さらに目の機能改善の効果が期待できます。

効果2.強い抗酸化作用

強い抗酸化作用

人間は体に酸素を取り込みエネルギーを生み出して活動しています。

しかし、その酸素を摂るこむことで体が酸化してしまうという弊害があります。

体の酸化は、鉄が錆びるのと同様に体の老化に繋がります。

その体の酸化を防ぐ効果がナスニンに期待できるんです^^。

ナスニンの抗酸化力はかなり強く、美容・アンチエイジング効果が高いとさレルブロッコリーやほうれん草よりも強いとされています。

効果3.コレステロール吸収を抑える

コレステロール吸収を抑える

ナスニンには、コレステロールの吸収を和らげるする効果があります。

過剰なコレステロールの摂取は体の脂肪蓄積に繋がります。

ナスニンには、コレステロールが体に蓄積するのを緩やかにすることでダイエット効果が期待できますね!

効果4.ガンの予防が期待

ガンの予防

ナスニンには強い抗酸化作用があります。

ガンは細胞が正常に発達しないことが原因で起きます。

体が酸化することによって、正常な細胞の発達ができずがん化する可能性があるんです。

ナスニンには体の酸化を防ぐ力があるので、ガン予防に繋がるんです。

補足

ナスニンに抗酸化作用があるためガンの予防の期待はできますが、ナスを食べていれば必ずガンの予防になるわけではありません。人それぞれ体調も異なります。過度な期待はしないようにしてください。

ナスの栄養効果を最大に高める方法

ナスの栄養効果を最大に高める方法

ナスの特徴的な栄養素はナスニンです。

ナスニンは熱に強いので炒め物などにも使用できます。

しかし、水溶性なので水には溶け出してしまいます。

よく「ナスのアクを抜くために水につける」ということをする方がいます。

しかし、水につけることでナスニンが溶け出してしまうのでおすすめできません。

ナスのアクは、苦味のあるクロロゲン酸と言われるポリフェノールの一種です。

クロロゲン酸にも抗酸化作用があるので、取り除いてしまうのは勿体無い!

ナスは水につけずに、炒め物など水を使用しない調理が一番おすすめです。

ナスは冬に食べない

ナスは冬に食べない

ナスには体を冷やす効果があります。

「秋なすは嫁に食わすな」と言いますよね?

これは秋になり気候が下がってきた時期に、体を冷ます作用のあるナスを食べると体を壊しますよ?

という意味なんです。

冷え性の方は、ナスを避けたほうが無難です。

ナスはカロリーが非常に低いのでダイエットにぴったり

ナスはカロリーが非常に低いのでダイエットにぴったり

ナスの100gあたりのカロリーは22kcalです。

ナス100gというと、中くらいのナス一本くらいの量になります。

ナス一本食べたらかなりお腹いっぱいになりますよね?

それでもご飯一杯の1/10くらいのカロリーしかありません。

ナスニンにはコレステロールの吸収を抑えてくれる作用もあるので、なおさらダイエットに向いた野菜と言えますね。

ナスの産地と旬は?

ナスの産地と旬は?

ナスは旬は5月〜9月です。

夏野菜と言われ、お祭りなどでもナスの一本漬けをよく見ますね。

体を冷やす作用があるナスは、暑い夏にぴったりなんです^^。

ナスが最も生産されているのは高知県です。

ナス出荷全体の約10%を占めています。

続いて、熊本県・福岡県・群馬県と続きます・・・。

おいしいナスの選び方と保存方法

おいしいナスの選び方と保存方法

ナスを選ぶときはしっかりとハリのあるものを選んでく_さい。

また、ヘタの棘が痛いくらいに尖っているものが新鮮です。

ナスを購入したら、常温保存しましょう。

ナスは夏が旬の野菜であり寒さに弱いです。

冷蔵庫で保存をすると低温障害を起こす可能性があるので注意が必要です。

ナスの”簡単”おすすめレシピ

ナスを調理する時は「ナスニンをいかに摂るか」を考えましょう!

ナスニンは熱に強いですが、水溶性で水に溶けるため炒める等の調理法がおすすめです。

その点を考慮したおすすめのレシピ3選の紹介です^^。

http://ad.resultplus.jp/cl/click_asp.php?cid=656&asid=192&acid=s00000009430001
ナスのナムル
ナススープ
ナスのおすすめレシピ
  1. 焼きナス
  2. ナスのナムル
  3. ナススープ

1.焼きナス

http://ad.resultplus.jp/cl/click_asp.php?cid=656&asid=192&acid=s00000009430001
使用食材
  • ナス・・2本
  • ショウガ・・1片
  • 鰹節・・適量
  • 醤油・・適量

ナスを網などで焼きます。

皮が黒く焦げてきたら氷水にとって水切り、冷蔵庫へ保存してください。

その後、食べやすい大きさに切り、おろし生姜と醤油・鰹節をかけて完成です。

なかさん
皮にはナスニンが多く含まれているので、切り落とさず使うのがおすすめです。

詳しいレシピはこちら

2.ナスのナムル

ナスのナムル
使用食材
  • ナス・・2〜3本
  • 砂糖・・小さじ1
  • 醤油・・小さじ1
  • お酢・・小さじ2
  • ニンニク・・少々
  • ごま油・・小さじ2

ナスは縦に4等分し、ラップに包んでレンジで3〜4分加熱する。

その後、砂糖・醤油・お酢・ニンニク・ごま油をかけてよく和えたら完成です。

なかさん
とっても簡単ですが、ごま油の香りが食欲をそそります^^

詳しいレシピはこちら

3.ナススープ

ナススープ
使用食材
  • ナス・・1本
  • バター・・10g
  • 固形ブイヨン・・1個
  • 塩胡椒・・少々
  • きゅうり・・大1

まずはナスを輪切りにする。

つぎに、鍋にバターを入れて溶かす。バターが溶けたら、ナスを入れて炒める。

ナスがしんなりしたら、水400ml・固形ブイヨン・塩胡椒・みじん切りしたきゅうりを入れ、一煮立ちしたら完成。

なかさん
ナスを煮るとナスニンが水み溶け出しますが、スープごといただく料理なら問題ありません^^。

詳しいレシピはこちら

栄養が無いと思われているナス。

確かに含まれている栄養素は他の野菜に比べて少ないです。

しかし、ナス特有のポリフェノールである「ナスニン」を忘れてはいけません。

ナスニンはブロッコリーやほうれん草よりも強力な抗酸化物質です。

美容・アンチエイジングを目指す方にはぴったりの食材です。

ナスニンは水分に弱いので、水分を使用しない料理がおすすめです。

もし煮る場合はスープごといただくような料理にしましょう!

春菊の栄養や効果効能を調べた!最高に栄養バランスのいい野菜

2019年2月17日
大根のカロリー・糖質を調査!糖質制限ダイエットに向いてる?

大根のカロリー・糖質を調査!糖質制限ダイエットに向いてる?

2019年2月17日